読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夕焼けあじさいヶ丘二丁目

あくびのびのびーる

【中納言】泳 げ よ 宇 喜 多 秀 家【二往復目】

おふざけ

ツイッターでやっと見つけたフォロワさんを失ってしまったし薄桜鬼やった事無いのにデカいタペストリー頼んじゃうし夜って怖い。
土方さんかっこいいよね。


f:id:azisabateishooku:20160603000048p:image




1 :人間七七四年:2007/10/14(日) 14:23:47 id:CdlnM86e
八丈島から秀家公が泳いで大坂城に入ったら 
大坂の陣は大坂方が勝っていました。 

【前スレ】 
  泳 げ よ 宇 喜 多 秀 家  


2 :人間七七四年:2007/10/14(日) 14:24:55 id:CdlnM86e
【関連スレ】 
【直家】宇喜多氏を語るスレ【秀家】 

 歩 け よ 真 田 真 幸 

3 :人間七七四年:2007/10/14(日) 14:26:53 id:GRNqxjxI
革新のグラフィックはいいのに使えない武将1位の人か 


4 :人間七七四年:2007/10/14(日) 14:27:27 id:CdlnM86e
【元ネタの長文】 
慶長14年、関ヶ原の勝者家康は天下統一の仕上げとして豊臣に戦を仕掛ける 
太閤秀吉がその力を全て込めた居城大坂城 
そこにはかっての栄光を取り戻すため、豊臣のため多くの浪人、武将が集まっていた 
かっては土佐22万石の主 長曾我部盛親 
秀忠3万を足止めした昌幸の子 真田信繁 
宇喜多家57万石の筆頭家老であった 明石全登 
黒田家では1万6千石を拝領した男 後藤基次 
豊臣へ為、1千石をなげうち馳せんじた 毛利勝永 
豊臣家臣筆頭大野治長の弟 大野治房 
秀頼の乳兄弟、弱冠22の美男子 木村重成 
かれら七将の他、薄田兼相、塙直之等の歴戦の強者達 
しかし、大坂城の最高権力者は秀頼の母淀とその取り巻き達であり、七将らの発言力は弱かった 
又、この七将達も思惑はそれぞれ。真に豊臣の為に戦うは毛利、木村、大野くらいか…
その時、浪人で溢れかえる大坂城の人だかりを掻き分けて本丸に向かう男が一人 
全身に水を滴らせ、息も絶え絶えだが、眼光鋭く人々は気押され、彼のために自然と道が出来ていた 
しかし、一介の城兵を城内に入れるわけにはいかぬと彼を遮る門番。しかし、そのずぶ濡れの男は一喝した 
その頃、殿中では真田、後藤らの野戦出兵策は退けられ、籠城と戦いの方針は決まっていた 
「真田殿、後藤殿の策を取れば勝てようものを……」 
歴戦の武将達はこの大坂城の首脳陣を嘆くと共に、彼等を押さえ、七将すら束ねる強い指導力と実績を持つ男が居れば…と思わずにはいられない 
初めはそれを、秀吉の遺児、秀頼に期待したものだが、もはや望むべくもない…そんな時だった 
――バタン!! 
ふすまを開き、ずんずんと上座に進む男。それはさっき、大坂城に現れたずぶ濡れの男だった 
「何者ぞ!!」 
叫んだのは若き秀頼の忠臣、木村重成 
しかし、彼の後ろの淀殿や治長、いや、彼らだけでなく後藤や真田ですらその顔に驚きを浮かべ、ただ呆然とその闖入者の顔を見ていた 
「殿……」 
明石全登がようやくといった感じで放った言葉に、重成を初め、その場に居た武将達は皆、驚きの声をあげた 
宇喜多備前中納言八郎秀家、豊臣家の御危機を聞き、八丈島より  泳  い  で  参  っ  た  !!!」 
秀吉に実の子、いやそれ以上の愛情を受け育ち、豊臣政権の五大老であった男が再び豊臣の為に戦うため帰った来た…   


5 :人間七七四年:2007/10/14(日) 16:44:58 ID:85vOcsdF
歩けよは関連スレじゃねーだろ 


6 :人間七七四年:2007/10/14(日) 17:03:39 id:AnvgXLqv
全盛期の宇喜多秀家伝説 

・3刻5里遊泳は当たり前、3刻8里遊泳も 
・クロールを頻発 
・秀家にとっての犬かきはバサロのしそこない 
・背泳ぎも日常茶飯 
・1615年徳川軍15万、重臣全員負傷の状況から1人で泳いで参った 
・大阪湾も余裕で泳いだ 
・一回のクロールで腕が三本に見える 
・泳いで参っただけで明石全登が泣いて喜んだ、心臓発作を起こす大野治長も 
・戦に勝っても納得いかなければ勝鬨上げないで泳いで帰ってきてた 
・戦の無い平日でも2遊泳 
八丈島に流されてから泳いで帰る方が早かった 
豊臣秀頼の母のヤジに流暢な岡山弁で反論しながらクロール 
・サッと泳いだだけ士気が5くらい上がった 
大坂夏の陣が始まったきっかけは秀家のバタ足 
・潮の流れに乗って大坂まで行くというファンサービス 
・秀家は舟に乗った事がない 
八丈島から遊泳できるのは秀家くらい 
・秀家は、いつも自分の刀を物欲しそうに眺める小姓に水泳を教えてあげたことがある
・フルパワーで泳ぐと周囲に怪我人が発生するので力をセーブしてた 
・秀家のクロールに徳川の間者が反応してしまうので遊泳中は警戒されていた 
・宇喜多備前中納言八郎秀家、豊臣家の御危機を聞き、八丈島より泳いで参った!!!という名言 
・超重量の甲冑を着けながら泳いでいたため合戦後脱いだ鎧を机に投げたら机が真っ二つになった 


7 :人間七七四年:2007/10/14(日) 17:12:32 id:mdu/IOI6
>・豊臣秀頼の母のヤジに流暢な岡山弁で反論しながらクロール 
泳ぐ必要はあんのかよwww普通に陸で反論しろよwwww 


8 :人間七七四年:2007/10/14(日) 18:53:41 id:NYlZbD2b
>>1乙 
何故に2往復? 
出陣前に食べようとおもってたおにぎりでも八丈島に忘れてきたのか? 


9 :人間七七四年:2007/10/14(日) 18:55:27 ID:9ju8v7cU
褌いっちょで泳いできたら「あんた誰?」と言われたから 
身分を証明するものを取りに帰ってきたとか。 


10 :人間七七四年:2007/10/14(日) 19:01:43 id:IIO+O64f
出陣するより泳ぐことに意義がある 


11 :人間七七四年:2007/10/14(日) 21:05:30 id:VvLMGVw3
往復バロスwww 
>>1乙w 


12 :人間七七四年:2007/10/14(日) 21:53:04 id:pNpC4j5Q
これも忘れるなよw 

ガイドライン板 「信号青だから信号渡れるね!のガイドライン 4だよね!?」 より 

秀家「渡るの!?これ、渡るの!?ねぇ!黒潮黒潮渡る!?」 
幸村「あぁ、渡るよ」 
秀家「本当!?大丈夫なの!?寒くない!?」 
幸村「あぁ、夏だから大丈夫だよ」 
秀家「そうかぁ!僕八丈島に島流しされてたから!本土の気候わかんないから!」 
幸村「そうだね。わからないね」 
秀家「うん!でも夏なんだ!そうなんだぁ!じゃぁ渡っていいんだよね!」 
幸村「そうだよ。渡っていいんだよ」 
秀家「よかったぁ!じゃぁ渡ろうね!泳いで渡ろう!」 
幸村「うん、渡ろうね」 
秀家「あぁ!夏の陣だから黒潮渡れるね!ね、真田殿!」 
幸村「うん。前線でていいよ」 
秀家「あぁーと僕は今八丈島から泳いでるよー!秀頼君待っててねぇー!」 


13 :人間七七四年:2007/10/14(日) 23:57:38 id:mdu/IOI6
>>12 
真田殿はどうやって大阪から秀家公と会話しているんだ?叫ぶのか? 


14 :人間七七四年:2007/10/15(月) 00:53:37 id:ZxAwT99r
叫 べ よ 真 田 幸 村 


15 :人間七七四年:2007/10/15(月) 10:27:06 id:q0DNgGt9
叫ぶ幸村の怪 


16 :人間七七四年:2007/10/15(月) 21:43:51 ID:cm+ulBMp
秀家と幸村は水泳仲間だからね 


17 :人間七七四年:2007/10/15(月) 23:52:35 id:RrCVX/8v
前スレが見事に埋まりまして候。 


18 :人間七七四年:2007/10/16(火) 01:19:03 id:aK41Nyek
そのようだね早漏。 


21 :人間七七四年:2007/10/16(火) 14:56:20 id:yPWRqwGN
さすがは我らが中納言…、いえ備前大納言様。 
遠泳あっての殿でございます! 


22 :人間七七四年:2007/10/16(火) 19:41:57 id:sSk/EXvY
備前大納言wwww 


23 :人間七七四年:2007/10/16(火) 20:48:27 id:qEYYBeW+
備前大納言、良い響きじゃないか 
直家様も喜んでるよ 


24 :人間七七四年:2007/10/16(火) 21:46:13 id:sSk/EXvY
宇喜多秀家が頑張って徳川を滅ぼし、豊臣を盛り立てた場合 
今頃、首都は大坂!? 
岡山が300万都市として政令指定都市に!? 
秀家が岡山に建てた備前豊国社が世界遺産に!? 
一万円札の肖像画豊臣秀吉、五千円札の肖像画宇喜多秀家に!? 



25 :人間七七四年:2007/10/16(火) 22:30:53 id:yPWRqwGN
しかしだな、家康はたやすくないと思うぞ。 
なにせ、70歳で見事な水泳を披露したと言うくらいだからな。 

最後は秀家公と家康の太平洋横断一騎打ちになる。 
そして、勝敗を決するのはターン技術の差だ! 
後のサンフランシスコでの一瞬が、秀家公の勝利の瞬間。 


26 :人間七七四年:2007/10/17(水) 06:55:28 id:YH7kVsRN
何? 秀家公は太平洋を横断したと申すか!? 


27 :人間七七四年:2007/10/17(水) 09:01:11 id:icqWWiTq
もう横断したとか往復したとかいう程度では驚かんよな、我らが大中納言様は。 


28 :人間七七四年:2007/10/17(水) 10:47:17 id:dxHJyKpG
近頃は最高深度に挑戦しておられるとか 


29 :人間七七四年:2007/10/17(水) 13:49:47 id:LPhjCNZL
そのうち宇宙遊泳もしそうだな 


30 :人間七七四年:2007/10/17(水) 14:04:59 ID:Iu+IEcye
なにしろ、大中納言様は単独で大気圏突入もできるお方だもの 


31 :人間七七四年:2007/10/17(水) 15:59:39 id:x2XUowwn
宇宙代将軍の名は我らが大納言様にこそ相応しいな 


32 :人間七七四年:2007/10/17(水) 17:28:25 ID:7hE31P5A
そこらのモビルスーツより上じゃないかwww 
こりゃビームライフルやサーベル程度じゃ倒せそうにねえwww 


34 :人間七七四年:2007/10/17(水) 18:26:01 id:SMwrK5eA
日本の海軍ではとても勝ち目が無いといわれていた、ロシアのバルチック艦隊を一人で倒した男だからな 


35 :人間七七四年:2007/10/17(水) 18:53:14 id:dxHJyKpG
間違って味方の水雷艇を三隻沈めちゃったけどなw 
あんなところでバタフライするなよな・・・小さい船はひとたまりもないって 


36 :人間七七四年:2007/10/17(水) 19:04:04 id:zUUdJht5
中納言SUGEEEE! 
戦略級か? 我らが宇喜多様は戦略級中納言なのか!? 


37 :人間七七四年:2007/10/17(水) 19:10:53 id:o6zcAawp
あんまり飛躍すると逆につまらなくなるぞw 
原点に帰るのも大切だ。 


38 :人間七七四年:2007/10/17(水) 20:44:35 ID:6Z4tFJMY
まあでも海の中では無敵だから、信憑性はある説ではあるけどな。 


39 :人間七七四年:2007/10/17(水) 23:12:35 id:TFJrEIu9
とはいえ、宇宙とか近世とかはやりすぎじゃね? 
最高深度くらいなら、宇喜多様ならありえるけどな。 


40 :人間七七四年:2007/10/18(木) 00:12:11 id:v0EnisVU
中納言効果によりインフレが起きたので引き下げが行われました。 


41 :人間七七四年:2007/10/18(木) 01:29:29 ID:73aaHMNT
ずっと 泳 い で 参 っ た !!! (遊戯王ずっと俺のターンより) 

家康「この夏で豊臣家の命は終了、淀の介入で堀のライフはゼロだ! ヒャーッヒャッヒャッヒャー、ヤッター俺の勝ちだー!」 
秀家「・・・なに勘違いしているんだ?」 
家康「ひょ?」 
秀家「まだ大坂方のバトルフェイズは終了してないぜ!」 
家康「なーに言ってんだ!? もう大坂方の諸将は全部発言力を喪失したじゃないか!」 
秀家「速攻帰参発動! 八丈島より 泳 い で 参 っ た !!!」 
家康「泳いで参った・・・?」 
秀家「豊臣家の御危機を聞き、効果発動!」 
----「こいつは八丈島から大坂まで泳いで帰参し、淀殿から発言力を奪うカード・・・」 
----「そしてその衝撃の大きさだけ、豊臣恩顧の大名達は追加帰参できる!」 
家康「衝撃の大きさ!? ハッ・・・あの時!!」 

秀家「戦が終了した後は、海へと飛び込み東へ…八丈島へ向けて泳ぎだすが…」 
家康「宇喜多の奴そこまで考えて…」 

秀家「さぁ行くぜ! まず一人目、ドロー! 暗君、毛利輝元明石海峡に捨て…」 
----「蜂須賀至鎮、追加帰参!」 
至鎮「蜂須賀従四位下阿波守至鎮泳いで参った」 
家康「うわああああああ」 
秀家「二人目、ドロー! 浅野長晟!」 
家康「あ・・・あ、あ・・・」 
長晟「浅野従四位下但馬守長晟泳いで参った」 
家康「うわああああああ」 
秀家「三枚目、池田利隆!」 
利隆「池田従四位下右衛門督利隆泳いで参った」 
家康「うわああああああ」 
秀家「ドロー! 前田利常!」 
利常「前田従四位下侍従兼筑前守利常泳いで参った」 
秀家「ドロー! 直江兼続!」 
兼続「上杉中納言越後守景勝 直江従五位下山城守兼続 豊臣家の御危機を聞き、米沢より   飛 ん で 参 っ た  !!!」 
秀家「ドロー! 福島正則!」 
正則「福島従四位下左近衛権少将任官正則 飛んで参った」 
秀家「ドロー! 島津義弘!」 
義弘「な、南米に着きもした」 

秀家「ドロー…」 
淀殿「もうやめてぇっ、中納言!」 
秀家「HA☆NA☆SE !!!」 


42 :人間七七四年:2007/10/18(木) 03:16:44 ID:4haay+iI
義弘・・・ 
きっと原住民を率いてスペイン人相手に大暴れするんだろうね。 


56 :人間七七四年:2007/10/20(土) 23:50:40 ID:8/5SoRaV
ちなみに自分の二往復目のイメージ 

慶長19年(コピペの14年は西暦の間違い?) 
秀家公の帰還により、意気上がる大阪方は徳川方の先陣を蹴散らし、本陣に迫る勢いにあった。 
ここに来て家康は恐れをなし、一時停戦を提案。秀頼の本領安堵、浪人達の仕官先の紹介 
などの案を基に講和が交わされた。これを機に秀家公は八丈島に残してきた家族を迎えに 
泳いで帰っていった(この時点で向こうに家族居たのか良く知りません誰か詳細希望)
だがこの事を知った家康は、直ちに兵を再び大阪へ向ける。後に言われる大阪冬の陣である。 
八丈島でこのことを伝え聞いた秀家公は(伝えに来たのは明石全登)再び大阪城の危機を 
救うため泳ぎはじめた・・・ 

誰か之を壮大な長文に書き起こしてくれることを願って寝ます