46回目の呼吸

乃木坂46と刀ミュが好きな人

2.5次元コンテンツの体感

 

BGM

けやき坂46 ハッピーオーラ

(dis気味になるから)

 

夏の真っ盛り、たぶん6月辺りに花火やろ〜となんだかんだずっと繋がりがあったオタ友でありプラベの友人に声掛けたら、なんだかんだカラオケ行く事になりなんだかんだ2.5布教されてなんだかんだ刀ミュの阿津賀志山巴里のライビュ(8月19日)に行きなんだかんだ俳優沼に腰まで浸かり出しなんだかんだ今なんですが。

 

f:id:azisabateishooku:20180901074513j:image

 

今まで私はこのブログでも2.5次元に対しては比較的攻撃的でした。

それは刀剣乱舞以外では、

・コスプレがきもい、似合ってない(コスプレ嫌いなので)

・役者目指してる人がコスプレお遊戯会は見ていて痛々しい、可哀想(それ以外で売り出そうと事務所から思われなかった人なんだろうなとか思ったり)

・オタクがやばい(ホスト狂いと違いが分からない)

等が主な理由で、刀剣乱舞では

・ゲームがゲー無なのに2.5なんかに金出してる暇あるのか?

・原作(ゲーム)おざなりでどうしてそっちにばかりリソース割くの?

・ニトロは今までずっととある本丸って言ってきていたのに、2.5(刀ステ)でガツガツに原作には未来永劫実装されない設定を載せてきたので、その所為でオタク間で解釈違いのストリートファイトが起きているがそれをどう思っているのか?

f:id:azisabateishooku:20180901075430j:image

愚痴 - 夕焼けとあじさい

(詳細はもう書いてあるからそっちで)

・ゲームの虚無っぷり

・ゲームの虚無っぷり(大事な事なので云々)

・とにかくニトロが糞

・2.5に染まった審神者が糞

 

等が主な理由でした。

刀剣乱舞審神者(刀剣乱舞ではプレイヤーはさにわと呼ばれます)は男士より好戦的で審神者って言うよりストリートファイターなので解釈違いやら何やらの闘争はしょっちゅうですが、とにかく、2.5好きじゃないなら刀剣乱舞好きとは言わないでしょ?wとうらぶ好きなら2.5見ないと分からないよ!

とかマウントが激しかった。

それもこれも刀剣乱舞の原作になるゲームにはろくに設定なんか無いからですね、話も無い。

ほんとにただのキャラカタログです、今でも。

紙芝居だし。

回想とかはあるけど回想が出たら審神者と原作ニトロ側の解釈違いとか齟齬が有ったりで、なぜ齟齬が生まれるのかと言えばろくに何も無いから大手同人者が書いた設定を踏襲して二次やる人が多いからであり、炎上していました。7面とか半端なく炎上しました。

作品内で一番人気のキャラがキャラヘイト受けたとかでとにかく炎上した。

回想と言えどちょこっと話すだけですが。3クリック分くらい。

そしてそんな時にそこに2.5が入って来て、そっちにがっつり設定が出て来た。

そっちで初めてキャラ間の呼び合いなんか分かったり関係性が分かったりで、2.5見ていた審神者達がそれを棒にマウンティングしてくる。

見てない、2.5が嫌いな人、自分の本丸を大事にしたい人なんかはずっと置いてけぼり喰らっていた。これは実際今でもずっとそうです。

だから2.5毛嫌いしていた時は二次やる気すら沸かなかった(私は原作の話から妄想するのが好きなので)しゲームのキャラ愛でたくても虚無過ぎて、熱が自然と落ち着いてくる。

それが刀ミュ見出してからは燃料が盛んに投下されるから楽しくて仕方ない。

少しでも原作に燃料投下されたらまた違っていたかもしれないけど一向に燃料は投下されないし、されたかと思えば解釈違いで炎上する。

刀剣乱舞にとって、2.5次元と言うのはありとあらゆる意味で破壊神だった訳です。

でも2.5もとある本丸では?と言う疑問も出てくると思います。

まず刀剣乱舞には刀ステと刀ミュがあります。

刀剣乱舞原案者が強く関わっているのが刀ステ(ステージ刀剣乱舞)。

強く関わっていない(ほぼ関わっていない)のが刀ミュ(ミュージカル刀剣乱舞)。

刀ステと刀ミュの違いは、ステージはお芝居が中心、ミュージカルはミュージカルとあるだけありお芝居パートとミュージカルパート(ミュージカルと言うかライブ)がある。

キャスティングにはどちらも大いにニトロは関わっていると思いますから、ニトロがほぼ関わっていない訳では無いですが。ミュージカルの方は2.5では黒羽麻璃央は大人気だから、黒羽麻璃央をメインに据えて作って行こうと話があったそうですし。

私個人としては、ずっと原作ゲームにはろくに何も無かった癖に、刀剣乱舞と言う作品の原案者を迎え原案を脚本に据えてステ作った時点で、それはとある本丸では無いと解釈しています。それが刀剣乱舞の本丸になると思います。

そしてそう解釈する人が圧倒的多数だから、マウンティングしたり2.5見なきゃ分からないよ!とか、2.5嫌いな人は刀剣乱舞にいるのは辛そう可哀想とか言い出す人達が出てくる訳ですよね。

その点刀ミュは刀ステと比べたらとある本丸要素が強くて、例えるならアイドルマスター(本家)から見たアイドルマスターシンデレラガールズ(分家)ってノリなんで、二部の曲に耐えられれば楽しめると思います。

脚本もろくに何も設定が無いキャラカタログからよくここまでキャラクター作れたなと感心するし、話は二次者がやって来た歴史ネタ頼みだし、ネタもそれ二次で見たってネタもあるしでまあまあですが、役者さんもちゃんと作り込んでくれています。

黒羽麻璃央に関しては三日月の服がちゃんと映える様にするにはどう見せたらいいのかと思案し、舞や雅楽や歌舞伎を勉強している様だしそれはちゃんと舞台に活かされています、阿津賀志山では三日月が小唄を歌うシーンや舞を踊るシーン、小鍛冶の舞を踊るシーンがありますが所作が綺麗です。

他には、お辞儀の仕方がキャラ各々らしいお辞儀の仕方で初めて見た時に一気に2.5に対する印象変えてくれたし、立ち姿や声作りなんかも原作を壊さない様にと頑張ってくれています。

声に関しては声質が似ている役者を引っ張って来ただけでしょうが。

まあそんな感じです。

 

 

そしてそこから2.5次元オタク界隈の空気なんかをツイッターなんかで調べる様になったんですが、偏見やdisを加えて書くとこんな感じです。

 

・30〜40台の、年下(若い子)に嫉妬するBBAがメイン層

・役者オタクに対する容姿叩きが激しい、ツイッターで直ぐに晒される

・金を積むことが正義(AKBオタより悪質)

・やたらめたら役者と繋がりたがる

ガチ恋が圧倒的多数

・ホスト狂いしてるBBAと同じ、それより悪質

・役者に対する占有意識が強く、ライト層やミーハー層が喰いつきやすい大きな作品に自分の推し役者が出る事がとても嫌(そこで目に付けられると推しくんに害悪オタが付くと思っているみたいだけど、私からしたらそう言う人のが害悪オタじゃないかなと)

・同担拒否の世界(ツイッターでフォローしようと検索すると同担拒否って記載している人が多い)

・オタク同士で足の引っ張り合い

・自分の顔と容姿はノーカウント

・激しいなこいつ〜と見てると役者の繋がりだった

・DD思想は無い、推しくん以外オタだろうと役者だろうとみんな敵

・未婚おばさんが多い

・案外繊細(カノバレが発覚すると面白い)

・カノバレがつらい

・粘着質

・メンヘラ

・ホストとどう違うねんwと笑っていたらホストに貢いでた奴が割といる

・とにかくメンヘラ

・愚痴垢は女の最低最悪のきったない物の塊で女の敵は女だな〜と実感できる

・私が正義みたいなツラして愚痴垢やるけどお前がナンバーワン害悪オタ

・いじめられっ子だったのかなって人が割といる

・嫌いな役者の容姿叩きしている時はめっちゃ輝いてる、DD思想は無い

・オタクを芋っぽいやら地味やらデブスやら叩くがお前の容姿はどうなんだ

・いつか名誉毀損で訴えられそうな人が愚痴垢には多い

・古参マウントが激しい(例えば刀ミュなら必ず頭に、私はトライアルから追ってるけど〜が付く。くっっっっっそめんどくせえよBBA!!!!!!)

・とにかく一も二もなくマウンティング、マウンティング、マウンティング!!!!!!!!私は幾ら推しくんに積んだわよ!!!!!!!

・新規をウェルカムしながら新規が来たら古参マウントで徹底的にぶっ潰すBBAばかり

・使い捨てのBBA

・BBAがBBAとシャドーボクシングしてる

 

地獄みたいな界隈でした。

 

おわり!!!!!!!